富山製紙株式会社

低公害化

低公害化への取り組み、それが私達の責任です。
限りある資源をどのように有効活用し、地域環境の保全に貢献できるかは、富山の名を社名に冠する私たちにとっても必要不可欠な命題です。当社の製造工程の随所には「環境への配慮・低公害化」という思想が色濃く反映されています。コージェネレーション(熱電併給)システムにより、発電タービン稼動時に発生する排蒸気を抄紙工程のドライパートに活用しています。平成22年新設のRPF専焼ボイラーは、省エネ、省資源に有効として経済産業省から「資源生産性革新計画」の認定を受け、より一層環境にやさしい設備となっています。用水は活性汚泥方式の排水処理設備で処理した水のみを放流しています。またストーカー式焼却炉はダイオキシン発生を最小限に抑え、工場内で発生する廃棄物を焼却処理しています。  

 
自家用発電設備
 
産業廃棄物焼却処理設備
 
排水処理設備外観


CONTENTS TOPページに戻る
製品案内
ビジョン
あいさつ・概要
リサイクルシステム
取り組み
品質管理
低公害化
採用情報
先輩の声
お問い合わせ
Copyright(C)2007 富山製紙株式会社. All Rights Reserved.